定額見放題16社を実際に試して徹底比較!

動画配信チョイス

複数プロフィール(アカウント)・同時視聴可能数で比較

投稿日:

動画配信サービスを家族や同居人と一緒に楽しみたい場合に便利なのが複数プロフィール機能と同時視聴。この記事では、プロフィールを何個まで作成できるか、またパソコンやスマホなど複数のデバイスで何台まで同時視聴ができるかを調べた結果をご紹介します。

サイト名 プロフィール数 同時視聴
Hulu 6 1(※)
U-NEXT 4 4
dTV 1 1
DMM見放題chライト 1 5
Amazon
プライムビデオ
1 2(※)
Netflix 5 1(ベーシック)
2(スタンダード)
4(プレミアム)
TSUTAYA TV 1 1(レンタル作品)
2(購入作品)
auビデオパス 1 1
アクトビラ 1 1
ひかりTV 1 2
ゲオTV
(ゲオチャネル)
1 1
ビデオマーケット 1 1
dアニメストア 1 1
DAZN 1 2

(※)公式には、Huluは1台、Amazonプライムビデオは2台までとなっていますが、実際にはHuluは2台、Amazonプライムビデオは3台まで同時視聴が可能でした。

複数プロフィール(アカウント)とは?

複数プロフィールとは、1つの契約で追加料金なしに、視聴履歴やマイリストなどを個別に持てるプロフィールを複数作成できる機能です。

サイトによってはプロフィールと呼んだり、アカウント、ユーザーなどの名称を使っているところもあります。

サイトごとに対応していたりいなかったりしますが、概ね以下のような項目を個別に持つことができます。

  • 視聴履歴
  • マイリスト
  • 続きから観る
  • レコメンド
  • ペアレンタルコントロール(キッズ設定)

視聴履歴は、これまで観た作品を確認できます。一度観た作品をもう一度観たい場合は視聴履歴からたどれますが、そういった使い方をすることは少ないでしょう。むしろ、後述するレコメンド機能を有効に働かせるというメリットのほうが大きいです。後は、家族に自分の趣味嗜好を知られずに済む点もメリットの一つです。特にU-NEXTの場合はアダルト作品も視聴できますが、これなんかは絶対バレたくないですもんね^^ちなみに、U-NEXTのR18向け作品はそもそも視聴履歴に残らないので、万が一自分の視聴履歴を覗かれたとしても安心です。

マイリストは、サイト上動画を検索していて、気になる作品があったらマイリストに追加しておくことができます。後で観る時に再度検索し直す必要がないので便利です。

続きから観る機能は、動画の再生を中断した場合に、再度サイトにアクセスした際、どこまで動画を再生したかを覚えていてその続きから視聴することができる機能です。Blurayプレーヤーなどでも、ディスクを抜かない限り続きから観ることができますよね。あれと同じことが動画配信サービスでも可能です。さらに、複数デバイスをまたがってもちゃんと続きから再生できるサイトがほとんどで、パソコンで観ていた動画を途中からスマホで視聴、という使い方ができます。

レコメンドは、あなたの視聴履歴を元に、その動画を観た人が気にいるであろう動画を紹介してくれる機能です。アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」が有名ですね。このレコメンド機能は利用率が高く、Netflixの発表では全体の視聴時間の実に75%がレコメンド機能経由から作品を選んでいるとのことです。どのサイトでも、一生かけても観切れないほどの作品を配信しているので、いかにその中から自分の好みにあった作品と出会えるかがサービスの満足度に直結しています。なのでこのレコメンド機能を正しく機能させるために、プロフィールが分かれているのはとても有効なのです。

ペアレンタルコントロールは、視聴対象を子供向け作品のみに制限することができる機能です。動画配信サービスで配信している動画には、子供に観せたくない作品(グロテスクな作品やショッキングな映像が流れる作品)があるので、子供に使わせる場合はこの機能があると安心です。

同時視聴可能数とは?

同時視聴可能数とは、プロフィールの数に関わらず、同じ時間に別々のデバイス(パソコン、スマホ、タブレット、テレビ、ゲーム機)で同時に動画再生ができる台数のことを言います。

これが複数あると何が便利なのかというと、例えばお母さんは連ドラの動画をスマホで観ている時に、お父さんはパソコンで映画を観る、といった使い方が追加料金なしでできます。

一方、プロフィールと同様、一人で利用する分には特に必要ない機能です。

補足

Huluの場合、プロフィールは6つまで作成できますが同時視聴は1台までとなっています。ただ実際に試してみると、2台まではいけるようです。このあたりは公式サイト上正式に2台までOKと書かれていないので自己責任で利用ください。

同じようにAmazonプライムビデオは公式サイト上は2台までとなっていますが、実際は3台までは可能でした。

U-NEXTは、登録可能プロフィール数も同時視聴可能数も共に4台までとなっています。これが一番分かりやすいですね。つまりは4人までなら1契約で完全に他の人の視聴状況を気にせず動画を楽しむことができます。

DMM見放題chライトは複数プロフィールは作成できないものの、同時に5台まで別々のデバイスで動画再生可能でした。このサイトで配信している作品はほとんどアダルト系なので、借りに同時に5台まで再生可能だとしてもあまり用途はないかもしれないですね。

Netflixは、複数プロフィールを作成できますが、同時視聴は契約プランによって異なります。

以上、複数プロフィール(アカウント)・同時視聴可能数の比較でした!

-比較・タイプ別おすすめ

Copyright© 動画配信チョイス , 2020 All Rights Reserved.